等々力眼科

お気軽にお問い合わせください

当院の日帰り白内障手術が選ばれる11つの理由

1日帰り手術

当院では平成5年より日帰り白内障手術を行って参りました。
高齢の方でも生活のリズムの変化が少なくて済みます。
高血圧や糖尿病など全身的な病気をお持ちでも通常は日帰り手術が可能です。
90歳以上の方も220例以上の方が日帰り手術を受けられました。

2食事・常用薬などは普段どおり

手術当日の飲食などの制限はありません。常用薬も普段どおり内服していただいて結構です。
バイアスピリン、ワーファリンなどの抗凝固薬の制限もしておりません。
※ただし、アルコールは術後2週間禁止です。

3点眼麻酔・無縫合手術

麻酔は点眼薬でいたしますので少ししみますが、注射針は使用しませんので麻酔による痛みはありません。
手術時に眼内に水圧がかかりますがほとんどの方は痛みを感じずに手術を受けられています。
手術の創も内圧を高めることにより小切開創を自己閉鎖させ縫合はいたしませんので術後の抜糸も不要です。

4経験豊富な医師による手術

当院の手術は全て院長 禰津直久(ねづなおひさ)が行いますので安心して手術を受けていただけます。
院長は日本の近代的眼科手術の開祖である永田誠先生のもとで4年間手術修行の後、日本医科大学の眼科講師を経て現在、非常勤講師を兼任しております。
大病院のように担当医が転勤で代わってしまうことも無く安心です。
また、手術中の安全を守るため、手術日には麻酔科医が常駐しておりますので、全身疾患のある方も安心して手術を受けられます。

当院では現在までに12,000件( 年~H27年 )、平成28年には720件の日帰り白内障手術を行ってまいりました。
日帰り白内障手術は高齢の方でも生活のリズムの変化が少なくて済み、90歳以上の方も300件以上の実績があります。

年間手術件数

当院選択の動機

日帰り手術を受けた方の年齢

5最新の手術設備

当院では常に最新の白内障手術を取り入れるべく国内の学会はもちろん、毎年春に行われる米国眼内レンズ屈折矯正手術学会に参加するなどして新しい知見を積極的に取り入れています。
Zeiss社手術用顕微鏡(ドイツ)、アルコン社 センチュリオン超音波白内障手術装置(米国)、クリーンルームなど常に最新の手術設備を取り入れています。

6高精度の眼内レンズ度数の選定り

当院では、眼内レンズ度数計算の精度を上げるために、IOLマスター(独Zeiss社)と、Lenstar(スイスHaag Streit社)の2つのレーザー眼計測システムを導入し、60種類の計算式を用いて、眼内レンズのパワー計算を行っています。

7多焦点眼内レンズ

早期より多焦点眼内レンズによる白内障手術を開始し平成21年6月より厚生労働省の設定した先進医療の施設基準をクリアしました。年間100件(H27年)、通算460件以上の手術実績があります。
多焦点眼内レンズの手術には熟練した手術手技が必須です。ご希望により多焦点眼内レンズを用いた白内障手術を選択することができます。

8手術日

手術は火曜日の午前中です。
このほか月により金曜日の手術日も設けております。手術日は患者さんのご希望で決めることができます。
通常は2〜3週間以内のご希望の日で手術予約が可能です。

9通院スケジュールが、最初に決定しますので予定がある方にも安心

術前検査と同時に術後1ヶ月迄の通院日(術後1,2週、1ヶ月)を予約いたします。他の眼科から紹介の方は術後1週間まで当院で診察し、以後は紹介元の眼科で診ていただきます。

10手術の公開

ご家族は、モニター室で手術を生中継でご覧になれます。翌日には、手術を記録したDVD を全員に差し上げています。

11緊急時の連絡

入院ではありませんので自宅で緊急事態が発生した場合はいつでも連絡をいただけるように院長の自宅と携帯電話の番号をお教えいたしますので安心です。
紹介でいらした方も、紹介元へ戻った後も、緊急時は御連絡いただけます。

新着情報

> 2016年9月20日
ホームページをリニューアルしました
> 2016年9月15日
9/16(金)臨時休診とさせていただきます

当院は「ご予約制」です。

手術をご希望の方や迷われている方は、お電話でご予約の上、ご来院下さい。
その他、ご不明な点がございましたら、ご遠慮なくお電話下さい。

03-3701-2025

診療時間

診療時間

院長診察 一般外来のみ

アクセス
  • 東急大井町線
  • 等々力駅より徒歩2分
  • (急行は止まりません)

詳しいアクセス情報はこちら >